コーヒー暮らし

コーヒーの香りがする部屋にしてみよう♪

一杯のコーヒーに使うコーヒー豆の粒数は?

一杯のコーヒーに使うコーヒー豆の量は秤で重さを量るか
コーヒー用の計量スプーンを使いますよね。
豆の種類や個々の好みもあるのでバラツキがありますが
大体8g~10g~12g程度が一般的のようです。
もっと多く使用している人もいるようです。
私は8gか7gか10g、気分次第です。
それって何粒?
訊かれてもても答えられません。


だったら自分で数えてみるしかない。

まずはコーヒードリッパーとペーパーフィルターをハカリの上に乗せて
スイッチを入れて表示が0gになったのを確認後にコーヒー豆を入れます。
10グラム。(多少誤差はあります。)


この10グラムの豆をキッチンペーパーの上に並べてみます。

一粒一粒を並べながら見ると大きさにバラツキがあるのがよくわかります。
普段ここまで見ないのでパッと見た感じで粒が綺麗に揃って見えていたんですが
意外でした。
75粒。
豆の種類や焙煎によって粒数の差は出てくるかと思いますが、今回の場合では
1グラム当たり7.5粒という結果でした。
12グラムだったら90粒、8グラムだったら60粒という計算になります。


噂によると作曲家のベートーベンさんが
コーヒーを淹れる時にきっちり60粒数えていたらしいです。
本当ですか?今、この世界中に生きている人でベートーヴェンに会ったことのある人いないはずですが、どこからそんな情報が出てくるんでしょうか。
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンという名前も今日ネットで調べて初めて知りました。


これからコーヒーを淹れる時はコーヒー豆を60粒数えるようにすれば
偉大な作曲家ベートーベンのような存在になれるかもしれないですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。